2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のコメント

最近のトラックバック

« 2月24日 湯河原 梅とクライミングの見物 | トップページ | リベンジ 湯河原六角柱(六方)の滝 »

湯河原六角柱の滝 ドジアホな私 手前で引き返す(笑)

六角形の柱石がズら~と並び積み上がった滝がある。

湯河原の幕山公園の奥の白銀林道のさらに奥に。

秘境? ハイキングコースだよ。

~~じゃあ一度、行ってみよう~~3月11日、日曜日、天気もよさそうだし、しかし丹沢や箱根の山々は泥んこ道だらけだから気がすすまないので、ちょうどいいじゃないか、湯河原なら乾きが早いからなぁ、ん、そうしよう♪ でも、幕山公園からのルートでは足慣らしにならないから湯河原駅(標高38メートル)~城山(標高563メートル)経由、白銀林道経由で行こう。コンビニでハンバーガーサンド温め一個と柿ピー袋を買って。

ルート図↓

出発時刻/高度: 08:47 / 38m
到着時刻/高度: 15:18 / 209m
合計時間: 6時間30分
合計距離: 17.21km
最高点の標高: 721m
最低点の標高: 37m
累積標高(上り): 1602m
累積標高(下り): 1427ma

あああ、累積標高(上り:1602メートル、歩行距離17キロメートルもあったのか、と驚きます。これなら丹沢塔ノ岳大倉尾根ピストン・・累積標高(上り): 1249m 歩行距離: 13.43kmより手応え、じゃなく脚応えがあることになります。・・ホントかな?GPS測定? もう一度おなじルートで試してみたくなるくらいだ。肉体的疲労はまったく感じなかったので。

上がり1600メートルなら富士山五合目富士宮ルート(標高2400メートル)からの山頂ピストン以上あることになる。う~ん、?

**

不思議なことに、湯河原駅-城山-白銀林道-土肥大杉跡分岐までの間、およそ3時間以上は、日曜日で晴れなのに、登山者、ハイカーとは誰一人とも出合わなかった。登りの人も下山の人も・・・ありえない ! ? 山の神さまがbokuのために人払いをなさったのだろうか・・・登山、ハイキングのブームが突然去ってしまったのか・・・など単調な林道歩きの途中にあれこれ夢想しました。3.11の日だから皆さん自宅で祈りを捧げておられるのか・・う~ん?(帰路の幕山山頂以後はどどどっどと人、人、人の波でした)

不思議なことに、白銀林道を離れ、至る土肥大杉跡へのハイキングコースに入り、うん???と怖くなった。これぇ危険な道じゃないかぁ・・・と。崖道で道幅が40センチ、左が谷底へキレ落ちている。よろけて落ちたら死んでしまい、ソロ(単独)だから永遠に行方不明になるではないかぁ。こういう一見なんでもないような小径が危ないのだ。用心しようと手に持っていた地図をザックにいれました。

Cimg7972白銀林道 幅4メートル ガードレールつき

これは、幅員4メートルの林道から幅員40㎝の道幅になったからでもあります。道幅がいきなり十分の一になり、しかも断崖・・・。全体感覚が齟齬をきたすのです。しかも初見参、初めて、未知の道^^(みちのみち)マイナス3点かな。林道は道幅4メートルもあるのにキレ落ちる谷川にはガードレールがあるのに・・・。こっちは40センチなのにガードレール(笑)が、ない・・・。(あったら笑うけれど)

Cimg7975 これで道? 幅、一部25センチ

しかし、この道に入ってから下山者三組と出合った。あぁ、道迷いしていないな、と、うれしくなります。やがて谷に入り、道は途切れ途切れに消えて渡渉します。小石伝いにトントンと飛べば濡れずに行けますが・・注意。これはもうピクニック、ハイキングコースではありませんね。

Cimg7995 この紫色テープが渡渉ポイントにあった。

そして不思議なことに、突如あらわれた虹のかかった滝に感動して、ああ、これが六角柱の滝だ!!と勘違いして・・・しばしここで遊んで・・・引き返してしまいました、アホドジな私でした。

Cimg7980

Cimg7994 

頼朝の兜ではなく、bokuの白い帽子^^ ↑ ドジアホチョンボ記念になるとはおもいもせずに得意げに撮ったのです。いい記念になった。

その他の写真などはこちらに↓

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1400056.html

« 2月24日 湯河原 梅とクライミングの見物 | トップページ | リベンジ 湯河原六角柱(六方)の滝 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湯河原六角柱の滝 ドジアホな私 手前で引き返す(笑):

« 2月24日 湯河原 梅とクライミングの見物 | トップページ | リベンジ 湯河原六角柱(六方)の滝 »