2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のコメント

最近のトラックバック

« 2018年3月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年4月

痛くないクライミングシューズ・・・(その2)尾川とも子さんの教え

痛くないクライミングシューズ・・その1は、もう6年も前に↓

http://app.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post?__mode=edit_entry&id=72082963&blog_id=670985

でもアレを書いても①ロッククライミング(高い山での岩登り・死ぬかもしれないので、落ちては、いけない)、②フリークライミング(落ちてもだいたいは大丈夫)、③ボルダリング(落ちても、まぁ平気)のいずれも、まったく実践していません。口だけ見るだけ登山評論家^^)、評論するほどの知識もないので単なる下手の横好き甘(アマ)ちゃん山屋・やまや・(山が好き)でございます・・・。が、

木々の新芽がふきだす季節、春先になると、やる気だけは一人前にもたげてまいります。よ~し、シューズでも新調して、命の危険が、まぁ、ない③ボルダリング(落ちても、まぁ平気)のインドアジムから始めてみようか・・・。6年前に買ったシューズは新品のままあるはず・・・と家捜し・・・が、ありません。捨てたのか、家人に捨てられたのか、ないものはない。ならば、買うしかないなぁ。

で、目に止まったのが

プロクライマー尾川とも子 ボルダリング入門{
{初心者のためのボルダリングシューズの選び方}です。

1・履いて1~2分我慢できるかどうか

2・シューズを履いて5分程度つま先立ちできるか

///つまり・・・痛くないクライミングシューズ・・を買いなさいとお教えされています。1・履いて1~2分我慢できるかどうかについては坐ったママではなく、立ってのことだとおもいます。2・シューズを履いて5分程度つま先立ちできるか・・については、家捜しの結果、出てきたこれ、↓

Cimg8165

これ↑、お目汚し、失礼お許しを^^。山での岩登りをやっていた当時のシューズです。谷川岳、穂高岳、剣岳などなどでお供した歴戦のシューズ、です。ロッククライミング中に高さ200㍍で落下したこともありますが、奇跡的に命拾いもしました。が、かつてインドアジムに持参したら、「汚いなぁ」「デカすぎるぅ」とそしり笑を浴びたくらい、ま、きれい、とはいえないのは、承知でございます。

これだと「1・履いて1~2分我慢できるかどうか」は、はい、何時間でもOKです。「2・シューズを履いて5分程度つま先立ちできるか」家のフローリング床で試してOKでした。・・5分間ってけっこう長いです、途中3分、4分でふらつき、よろけそうになり、脚力、バランス力の低下を実感しました。

なので、これ↑で、③ボルダリング(落ちても、まぁ平気)からクライミングを始めようとおもいます。さっそく某ジムにおそるおそる行ってきました。誰もこのシューズに非難はありませんでしたが・・・。超初心者グレード10級でももたつく現状ですが・・・。

クライミング再チャレンジ、はたして、結果は、1年後にわかります。また、同じことを言っていたりして。恥) でもそれが人生ってやつかもしれません。

新しい山靴 ノースフェースのゴアテックス

ノースフェースのゴアテックスシューズ エンデュラスハイクGORE-TEX(メンズ) Endurus Hike GORE-TEX:¥18,360 税込

Cimg8152_2

これ↑ ぼく個人の感想では、なかなか優れものです。見た目は地味なデザインです。上から見たらシューズ激安店の運動靴^^っぽい・・・

いや、しかし、きにいりました。ビブラムソールのグリップ力が半端なくいいのです。これでしたら穂高や剣岳周辺の岩場へのアプローチシューズとしてもOKだとおもいます。

・・・とおもいはしましたが、由比ヶ浜シーサイドロック(石垣・三級+)で試したところでは、やはりというか、残念ながら、ソールの屈曲点あたりが柔らかであり、ビブラムソール自体もクッション性がよすぎてロックでの保持力は優れてはいません。もともと岩用につくられたシューズではないのでしかたありませんが。

片足重量350グラムです。仄聞(そくぶん)いたしますには、トレラン大会出場選手にも人気だそうです。先日、塔ノ岳大倉尾根で、ぼく自身はトボトボ歩きですが、さっそうと宙を飛ぶかのように快走の女性ランナーが↑このシューズをお履きでした。もしかしたら、このぼくも走れるように・・・ならない!・・・(笑  でも、いいシューズです。

ソールのグリップ力はファイブテンシューズのStealth®ラバーに勝るモノはない! というぼくのStealth®ラバー信仰は、一般登山やハイキングでは、瓦解いたしました。もちろん実際の岩登り、ロッククライミングではやはりStealth®ラバーは強いとおもうのですが、山歩き、ハイキング、縦走などなどのシュースのグリップ力では、ファイブテンのガイドテニーよりも優れています(個人の感想^^)。もうぼくは数年使いまくっていたファイブテンガイドテニーを卒業したいとおもいます。ありがとうガイドテニーさん、卒業しても、また時々は母校におもいを馳せるように・・・時には~♪ 履きます~。

Cimg8138_2

エンデュラスハイクGORE-TEXは、ゴアだから大倉尾根のような泥んこ尾根でも、降りてきてバス停横の水道洗い場の備え付けタワシでごしごし洗えます、便利です。・・・タウンユース一日、山ユース一日で靴紐を微妙に調整しつつ、ぼくの変形足にも馴染むようになりました。

« 2018年3月 | トップページ | 2018年6月 »