2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のコメント

最近のトラックバック

« 2018年4月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年6月

もうダメ、力およばないと苦しむ人への山神さまメッセージ

もう、ダメ、かもしれない・・・ベッドで死ぬより山で・・・

と、本気で考えたことありませんか?

でも、

「人が本気で死ぬのは絶望したときだけだ」(倉石検死官・『臨場』横山秀夫著・)だそうです、よ。

なるほどそうかもしれない。ぼくは、まだ死ねないなぁ。絶望というのは望みへの渇望がなくては生じないもんね。ぼくは絶望するだけの心の飢えはないものね。エネルギーの総体力が低いのかもしれないニャ。

四,五,六月、この3か月、風邪をこじらせ、登山体力をすかりなくしていました。山へ登れないくらいなら・・・と少しばかり躁鬱状態 だった。だった、過去完了です。

いつまでも鬱っていては生きてはいけない。生きるんだ、生きるんだ。^^) つまり山へ行くんだ、山へ。・・ベッドで死ぬより山で・・・ではありません。

山は命の神さまと出会えるスピリチュアルゾーンですからね。

↑ で、そういうわけで登山再開します~!!

まずは富士山からはじめようかな。

・・・・・・・・

ここしばらく、この山ブログ表示されていませんでした。独自ドメインtomo-yama.comの契約期限切れにになっていた。 ああ。アホボケと反省。

・・・・・・・・

あ、表題

-もうダメ、力およばないと苦しむ人への神メッセージ・・・

「山へ行きなさい」  です。山はあなたの命という風船にあらたな風を吹き込んでくれます。あなたの命とは、あなたの才能です。3日目の風船のように萎(しぼ)んでいても、大丈夫です。また膨(ふく)らみます、パンパンに。山の神はけっしてあなたを見捨てない。

Cimg8205

ん? なんだこれ? はい、自転車です。

病床に伏して山絶望になりかけ、ならばぁ、せめて自転車でそこいらじゅうを走り回るかぁ、と熟慮^^のうえ発作的^^に買ったクロスバイク3×8/24段変速です。

塔ノ岳大倉尾根でトレイルランナー百人以上に追い越される・・

もう一か月以上、お山遊び から遠ざかっています。

4月末のゴールデンウイーク前にヘンな咳が連発の風邪をひいてしまい・・・今、6月6日、いまだに耳鼻咽喉科で処方の1日3回の頓服薬(漢方)を飲んでいます。ああ、もう登山は無理な体になったのかと落ち込みましたが、いやいや、まだまだ・・・と自己鼓舞のつもりで早朝ジョギング! しかしかえって咳込みが激しくなった。息が止まるほどの咳の苦しさに、

このまま死ぬかもしれない・・・と呟いたりしましたが・・・だ~れも真剣に聞いてはくれません。ならばムリしても山に行ってやるわい! 病(やまい)は山(やま)で治せ!

で、6月3日、日曜日、塔ノ岳大倉尾根へ・・・。でも、登山口大倉出発早々、にぎやかな声声が背後からしたので道をゆずると、

ううう、これは、この人の群れは、

Cimg8179

トレイルランナーの団体、皆さんが道幅いっぱいにあふれています。後ろから登山者やハイカーが来ることなど脳裏にはまったくないようですね。ま、一般登山者やハイカーがランナーを追い越すわけがないのですから、皆さん、道いっぱいになっていても気にもならないのでしょう。・・・でも、もっと速いランナーもおられるとおもいますが・・・。

・・・どっちにしても道幅いっぱいに横並びで占拠状態になるのは道マナーに反している・・・どんどん先行していく彼らにぼくの内なる声はとどき、ません。笑^^)・・・。以降、100人以上のトレイルランナーに次々と追い越される・・・。この日の大倉尾根はトレイルランナーのほうが圧倒的多数であり、私のようなトボトボ登山者やハイカーは邪魔者だったのかもしれない・・・。と、おもうと、気力も萎えて「花立山荘」(標高1300㍍)でデンして下山しました。注:デン(ある場所に達して引き返す)。・・・

大倉(290㍍)am7:50--花立山荘am10:05

風邪咳が出なくなったら大倉尾根に再チャレンジします。

« 2018年4月 | トップページ | 2018年11月 »